黒ウコンでセックスレスが解消した!

kuroukon

結婚して5年が経ちました。夫婦ともに33歳です。お互い子どもがほしいと思っており、また、私の年齢からしてそろそろ出産適齢期も終わりつつあるので、子づくりをがんばっています。

現在、排卵日を伝え、その週にするようにしています。しかし、夫に精力がありません。肝心なときに萎えてしまうのです。どうしたら良いのかわからなくて、本人にもなかなか聞くことができず、1人で悩んでいます。

子どもがほしいということもさることながら、そもそも私を女性として見てくれていないのではないかと思い、悲しくなります。私の心情としては、愛情のこもったセックスの結果として子どもを授かりたいです。夫も仕事で疲れているのかもしれません。

しかし、私もフルタイムで仕事をしています。毎日家事もこなしています。そのため、最近では夫に対して怒りの気持ちも感じています。この際、思い切って精力剤を飲ませようかとも考えています。一方で、そんなことをしたら、彼のプライドを傷つけてしまい、余計に夫婦関係が悪くなってしまう気もします。

いっそのこと、本人にばれないように精力剤を飲ませようかと考えていました。

★効果がありそうな黒ウコンを購入!

それでいろいろ調べていって効果がありそうだったのが黒ウコンというサプリメントでした。

アルギニンなどの成分が沢山含まれていて、女性には嬉しいダイエットの効果などもあるそうです。欲しい旦那が飲まなくても私が飲んだらいいかなという気軽な気分で購入することができるのでとりあえずこの黒ウコンというものを購入してみました。

★黒ウコンはすごい。
黒ウコンには副作用などはなく、とても飲みやすいサプリメントでした。もう少し詳しく知りたいなら、黒ウコンの副作用とは?のサイトがわかりやすかったです。
旦那にこのことを説明するとすんなり飲んでくれたので私が飲むことはありませんでした。

でも黒ウコン飲み始めてからかなり効果があるようで、本当に久々にセックスをすることができました。

勇気を出して黒ウコンを購入してよかったです。もしセックスレスで悩まれている方がいるのであれば勇気を出して黒ウコンを購入してプレゼントしてあげてもいいのではないでしょうか。

バイアグラの危険性について

1998 年4 月、インポテンツに悩む人々に思いもかけなかった大ニュースが飛び込んできました。そう、あの性的不能(インポテンツ)治療薬としてFDA (米国食品医薬品局) に初めて認可された医薬品「バイアグラ」がファイザー製薬から発売されたのです。

日本でも厚生省が異例の早さで医薬品として承認、1999 年3月に処方薬として発売が開始されました。治験データによれば、器質性勃起不全者の約68% に対し有効性が認められています。

しかし逆にいえば、10人中約3人に効果がないことにもなります。勃起機能不全薬の成分シルデナフィルクェン酸は、前述の勃起中枢興奮剤」とは比べものにならないばどの致命的な副作用が生じる危険があります。

1999 年3月現在、米国内では同薬発売後、約1 年間で130人以上の死亡が報告されています。特にニトロリセリン、亜硝酸アルミなどの薬剤との併用は死亡事故につながる恐れが高いとされています。

また、心不全、不整脈、肝臓障害、腎臓障害、低血圧、高血圧、脳血管疾患、心筋梗塞の経験がある人は、この治療薬の服用を避ける方が無難なようです。軽度の副作用としては、頭痛、ほてり、消化不良、そして目の網膜などの視覚障害が報告されています。

さらに、勃起不全者の薬剤であるため、健康な男性が強精目的で服用すると、痛みを伴う勃起が長時問続いて筋肉障害を生じ、逆に性機能障害を引き起こしてしまう危険があるとの研究報告もされています。発売元のファイザー製薬でも「あくまでも勃起不全を治療する薬。強壮剤ではないので、医師の処方を受けない服用は絶対にやめてほしい」と強調しています。ま

ずは信頼のおける専門医に相談しましょう。いずれにしても一時的な対症療法ではありますが、経口剤の中では、勃起機能障害に最も即効的と言えるでしょう。しかし、根本から精力減退を治し、復活させようと思ったら、滋養強壮剤を服用することに隕ります。

というのは滋養強壮剤とは全身が壮健になることで結果的に精力も高まるという性質のものだからです。つまり、特別に精力だけに効くというのではなく、減退させている様々な原因の方を改善することで、結果的に精力を高めるということ
なのです。

精力を減退させている原因が改善されれば、当然、精力は復活していくわけで、長い目でみれば、滋養強壮剤により精力を回復させていくことが、結局は一番の近道なのかもしれません。さらに滋養強壮剤は精力減退の根本治療とともに、成人病を始めとする各種の疾病から体を守ったり、治癒してしまうことも往々にしてあるのです。

滋養強壮を高めるペニス増大サプリのデメリット

滋養強壮剤は普通、勃起中枢興奮剤や男性ホルモン剤のように直接ペニスに働きかける即効力はあまり期待できません。生薬というのは、化学合成物質と違って、じっくりと時間をかけて効果を発揮するといったものがほとんどだからです。

しかし、すべての滋養強壮剤が全然即効性がないかといえば、そうでないものもあり、滋養強壮剤の中でもその配合内容によっては、ある程度の即効性が期待できるものもあります。ただ、ペニス増大として一時的な強力即効性を求めるのであれは、副作用のことがあるので、あまりお薦めはできませんが、やはり① の「勃起中枢興奮剤」がいいようです。

ペニス増大サプリの種類【滋養強壮剤】

前回の記事で書いた③ の「滋養強壮剤」は、勃起中枢興奮剤や男性ホルモン剤にみられる副作用を心配する必要はありません。それは、滋養強壮剤のほとんどは動植物など自然の生薬から作られているため、塩酸ヨヒンビンや男性ホルモン剤のような化学合成物質に特有の副作用がほとんどないからです。

ですから、安心して服用できますし、もちろん長期問継続してのペニス増大を図っても問題がありません。

しかし、滋養強壮剤や漢方薬などの服用を始めた際に、よく副作用と間違えられる症状に「好転反応」といわれるものがあります。

 漢方では「瞑眩」といけますが、初期の段階で急激な症状を呈することがあります。これは、慢性の病気を持っている人が、新たな療養を開始した時によく起こることで、めまい、眠気、だるさ、場合によっては吐いたり、下したり、発熱したり、また、湿疹が出たりすることがあります。

 一見、これは大変症状が悪化したとか、あるいは副作用ではないかと心配になるほど、症状に激しいものが現れることもあります。しかし、そのような状態は1囗ないし3囗ぐらいでおさまり、あとはゆっくりと快方に向かうものです。

 この一時的に急激な症状を呈することを「好転反応」といいますが、これは慢性病が回復に転じる前の「一過性の良性反応」だともいえるのです。

 もっと分かりやすくいえば、その療養法が本人にピッタリ合ったために起こる反応だともいえるのです。その意味ではまことに好ましいことなのですが、これが時々副作用と問違えられ、本人や家族も幤いてしまうことがありますが、それが好転反応であれば、化学合成物質にみられる副作用とはまったく違ったものだということをはっきり認識しておく必要があります。特に効き目の高いペニス増大サプリほど、好転反応が現れる可能性も高いものなのです。

ペニス増大サプリの種類「男性ホルモン剤」

② の「男性ホルモン剤」は、そのものズバリ、男性ホルモンが入っているペニス増大サプリのことです。これは、分泌が低下した男性ホルモンを外部から補うことでペニス増大させるという理論のもとで開発されたものです。

確かに、ペニス増大の原因が男性ホルモンの分泌低下による場合は、ペニスを大きくすることに効果があります。しかし、問題は副作用です。

 そもそも男性ホルモンというのは18歳をピークにして、加齢とともにその分泌が次第に低下していくのですが、通常のケースではセックスができなくなってしまうほどにはなりません。

 それを、ペニスが小さいからといって外部から男性ホルモンを摂り続けていると、体内における男性ホルモンの分泌がさらに低下してしまいます。

 そうなれば、ますますペニスが小さく減退していきますし、まったくの不能状態に陥ってしまう可能性も出てくるのです。それに、男性ホルモン剤を大量に摂取したからといって、それに比例してペニスが増大するというわけでもありません。

 それどころか、あまり大量に摂り続けると、ヒゲが濃くなったり、異常な筋肉質になったり、発ガン性の問題も出てきます。もちろん、それは長期にわたり大量に摂取した場合ですが、用法を問違えると、大変なことになる可能性がこの男性ホルモン剤にはあるということなのです。

 また、糖尿病や前立腺肥大の人が男性ホルモン剤を服用すると、症状をさらに悪化させてしまうので気をつけなければなりません。

ペニス増大サプリとは?

「ペニス増大」の詳しい内容を説明する前に、ペニス増大サプリについて若干説明しておきます。
ペニス増大サプリとは、もちろんビックペニスにする効き目があるものとして開発されたもののことをいいます。
栄養ドリンク剤のことについて若干触れましたがこれも一種のペニス増大サプリといってもいいでしょう。

そして、現在市販されているペニス増大サプリを分けると、3 つに分類されることが分かります

① 勃起中枢興奮剤
② 男性ホルモン剤
③ 滋養強壮剤

① の「勃起中枢興奮剤」とは、主に塩酸ヨヒンビンと硝酸ストリキューネという化学合成物質が含まれているもので、これらが勃起中枢を直接刺激し、ペニス内の末梢趾竹を拡張させてペニスを増大させてしまうというしろものです。

しかし、私個人の意見として、これはあまりお薦めしません。というのも、塩酸ヨヒンビンと硝酸ストリキューネは劇薬であり、これらが入った精力剤を購入するときは、こちらの住所を記入し、捺印することを義務づけらているほどなのです。つまり、それだけ副作用も強いということに他なりません。

それに、これは一種の興奮剤であり、これを服用したからといってペニスが増大するわけではありません。

もちろん、一時的には増大した感じを受けますが、それはあくまでも一時的なことであり、身体全体の精力が復活したということにはならないのです。

しかし、どうしても緊急に勃起させたい時や70歳を過ぎた高齢の方には有効であると付け加えておきましょう。